1. Home
  2. >
  3. プロフィール

プロフィール

プロフィール

学歴

1956年4月7日 福島県福島市生まれ

福島市立三河台小学校卒業

福島市立岳陽中学校卒業

福島県立福島商業高等学校卒業
東京国際大学商学部卒業
東京衛生学園リハビリテーション学科卒業

経歴

◆ 政治家として
2009年 8月~ 第45回衆議院議員総選挙にて初当選(民主党・比例東北ブロック)
2009年 9月~ 衆議院法務委員会委員、衆議院厚生労働委員会委員
2009年 1月~ 消費者問題に関する特別委員会委員
2011年 5月~  東日本大震災復興特別委員会委員
2012年11月~ 衆議院解散により失職
2013年 7月~ 第23回参議院議員通常選挙にて当選(みんなの党・全国比例)
2013年 8月~ 参議院財政金融委員会委員、参議院東日本大震災復興特別委員会委員
2013年10月~ 党政策調査会社会福祉部門復興担当
2013年12月~ 参議院厚生労働委員会委員(2014年12月~オブサーバー)
2014年 1月~ 参議院東日本大震災特別委員会理事(2014年12月~オブサーバー)
2014年12月~ みんなの党解党により参議院「日本を元気にする会」会派に所属
2015年 1月~ 参議員国土交通委員会委員(オブサーバー)、決算委員会(オブサーバー)、東日本大震災復興及び原子問題特別委員会(オブサーバー)
2015年 3月~ 環境委員会、決算委員会、東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会
◆現在 2016年 8月~ 法務委員会


◆ 理学療法士として
理学療法士・介護支援専門員(第一回)
福島県立リハビリテーション飯坂温泉病院、福島県立医科大学付属病院勤務
総合南東北病院リハビリテーションセンター 科長
福島県理学療法士協会 会長
日本理学療法士協会 特任理事
藍野大学 非常勤講師

趣味・特技

水泳(国体・インターハイ出場)

・スキー(1級)

・ソフトボール

・スキューバダイビング

・好きなところ 南の島

・好きな食べ物 B級グルメ(特に『なみえ焼そば』)

 


政策方針

理念

私は理学療法士(PT)として長年医療機関や介護施設等に携わり、リハビリテーションによって患者さんが回復することを願いながら従事してまいりました。

望まない病気に罹って体が不自由となり、元の姿に戻って何とか自立しようと必死にリハビリテーションを続ける患者さんと向き合うことで、人としての本当の幸せとは何だろうと自問自答し、患者さんやその家族の方々に気づかされることも多くありました。

声なき患者さんの声が次第に聴こえてくるようになり、「人・家族、そして健康とは何だろう?医療・介護に従事する者は本来どうあるべきだろう?」と考え、 様々な改善を図るべく現場や業界団体、行政などに働きかけをしてまいりました。しかし、制度や業界団体の壁は想像以上に高く、世界第二の経済大国を謳歌したわが国の現状について、欧米先進国に比べるべくもない状況にあることを国民は知らされておりません。誰もが障害を持つであろう年齢になることを忘れ、閉ざされた世界の中で専門家のみによって医療や介護が上から目線で行われていることを深く憂慮している次第です。

老若男女が尊厳を持ち、相互に認め合う友愛の精神に満ちた地域社会、体の不自由さに関係なく自己実現に前向きに何度でもチャレンジできる、そんな楽しく生きられる社会の構築を目指します。真の福祉国家となる為、福祉施設やシルバーシートなどが無くても誰もがあたりまえに手を差し伸べ合うような、欧米を凌ぐ本当の福祉(安心安全)社会を実現したいと考えております。

後援会ニュース(一般の方向け):PDFファイル2.1MB
後援会ニュース(医療・介護従事者・リハビリ関係者向け) PDFファイル4.2MB

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

 



私の心構え

私は衆議院議員を3年務めた後、2013年に参議院議員に当選しました。私は議員になる前は理学療法士として医療・介護の現場に関わって働きました。理学療法士は、リハビリテーション医療の一翼を担う1つの国家資格です。

 

私が政治家を目指した理由には幾つかありますが、私個人の専門分野である理学療法とリハビリテーション医療の発展を促進して、国民の皆様がそれぞれの地域でより安心して暮らせる社会を構築したかったからです。

 

そのためには、理学療法やリハビリテーションを充実させることだけではなく、幅広く保健・医療・福祉領域を含む社会保障を充実させることです。日本に産まれた皆様の宿命を、心身ともに人間らしく幸せに暮せる運命として確実に豊かな人生を送り、自己実現できるように支援することが、私に課せられた最大の使命であることを肝に命じています。

 

リハビリテーションとは、障害をもった個人を支援し、可能な限りその潜在的能力を発揮できるよう環境を整えること、本来あるべき状態を回復させることなどと、よく言われることですが、私はこのリハビリテーションの考え方は、政治に関わっていく心構えとしても当てはまるのではないかと考えています。つまり、お上が富や利益を配分する、国民に与えるのが政治なのではなく、国民とともに、国民が本来もっている力を引き出す環境を整えたり、お手伝いをするのが本来の政治家の役割ではないかと思っております。

 

種々のご意見などありましたら、卆直にお聴かいただければ、今後の政治哲学と活動に反映させてまいります。

 

目標

地域に住むすべての人々が

最後まで住み慣れた地域で安心安全に暮らせるよう

医療・福祉と地域社会のあるべき姿の提唱

何度でもチャレンジ、自己実現のできる社会、友愛に満ちた社会の実現

そのための社会保障、そのための経済、そのための財政

アクセス

山口和之 国会事務所


より大きな地図で 山口和之国会事務所 を表示

 

〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1参議院議員会館1113号室
TEL:03-6550-1113 FAX:03-6551-1113

 

 

お問い合わせ

お問い合わせフォームをご利用ください。

国政報告
インフォメーション
山口和之国会事務所

山口和之国会事務所

  〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館1113号室
TEL: 03-6550-1113
FAX: 03-6551-1113

→ 詳しくはこちら


個人献金のお願い
サイト内検索
活動記録をお届けします
リンク
アルバム
応援の声
応援の声募集